永遠のライバルを徹底比較!マンションVSアパート

アパートとマンションの違い

賃貸物件選びで、マンションにするか、それともアパートにするかというのは、悩ましい問題ですよね。それぞれにメリットとデメリットがあるので、なかなか決められないという人も多いのではないでしょうか?両者の特徴をもう一度整理してみましょう。マンションは、主に鉄骨、鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート造の3階建て以上の賃貸物件のことです。それに対して、アパートとは木造、軽量鉄骨造の賃貸物件のことを指して用いられている言葉です。アパートには、ハイツとかコーポとかいった名前がついているのも特徴ですよね。

それぞれにちがった魅力がある

マンションのメリットとしては、駅に近い好立地の物件が多い、遮音性・耐震性・耐火性などが高い、建物が立派で見栄えがよいなどがあげられます。それに対して、アパートのメリットには、家賃が安いことや(家賃の割に)部屋が広いことなどがあげられます。また、駅から離れた住宅街の中に建設されているケースが多いので、物静かな立地条件の物件が見つかりやすいというメリットもあります。利便性や建物の機能性をとるのか、それとも安いほうがいいのか、難しいところですよね。

自分にとって理想の賃貸とは

最後に、マンションとアパートのデメリットについても簡単に見ておきましょう。マンションのデメリットとしては、家賃が高いことや、繁華街近い立地条件の場合には、周囲が騒々しいなどがあります。一方のアパートには、駅から遠い物件が多いことやマンションに比べて遮音性・耐震性などが低いことなどの欠点があります。これらの諸要素のうち、果たして自分にとって一番大切なのかをじっくり考えてみるのが、よい賃貸物件選びでは重要なのではないでしょうか。

地震に強い賃貸マンションに住みたいなら森の賃貸マンションは、鉄筋コンクリートで出来ているので、強度があり、地震にも強い賃貸マンションです。