しっかり押さえて!中古マンションの売却を行う際のポイント

中古マンションを売るためには

両親の相続で引き継いだり、自身で購入雨したりして中古マンションを保有している人は多いです。しかし何らかの事情から手放すことを検討しているものの、どういったポイントに注意して売却すればよいのかわからないという人も少なくありません。そのため次のようなポイントを押さえつつ売却を行うことをお勧めします。まず挙げられるのが売るための手続きです。基本的には不動産仲介業者を挟む必要があり、業者によって手数料が違うこともあります。総合的な利益を大きくするためにも、業者選びは慎重に行わなければなりません。

売却を行うタイミング

また売却を行うタイミングも重要です。中古マンションを売却することで利益を得た場合、譲渡所得として多額の所得税や住民税を課せられてしまうことがあります。そのためその年度中に何らかの高額な収入があった場合、総合的に課せられる税金が非常に大きなものとなってしまうことがあります。ただし給与や年金といった総合所得と譲渡所得は別口で計算されるため、心配な方は税理士や税務署と相談しながら売却の手続きを行うとよいでしょう。

様々な優遇措置の利用を

中古マンションをはじめとする売却を行う際に利用できる制度についてもしっかり考えておかねばなりません。両親などの相続により取得した不動産は、一定の基準を満たすことで相続税を譲渡費用の一部として加算できることがあります。また事業用として利用していた中古マンションを売却し、新たな不動産を購入した場合には特定事業用資産の買い換え特例なども利用することが可能です。このように中古マンションを売却する際には多くのチェックしなければならないポイントがあります。自身が損をしないためにも、それらの制度についてしっかり学んでおくことをお勧めします。

マンションの売却を専門とする業者の取り組みは、今や幅広いニーズを持った消費者の間で注目されています。