賃貸物件探しで成功するには!?不動産会社のチェックポイントを3つ確認しよう

釣り広告を出していないか

インターネットで良いと思った物件を問い合わせた時に、一度不動産屋の店舗まで来るように指定されることがあります。現地まで案内してもらえるという特典を期待して行くと、実はもう申込が入っていて成約となりましたと告げられるでしょう。条件が良い物件を釣り広告として出している不動産屋がまだ存在します。大手でも行っている所があるので危険ですから、現地待ち合わせを指定して断るようならその物件は釣りの可能性が高いです。こうした広告を掲載する不動産屋も信用出来ないので避けると無難です。

予算内で案内してもらえるか

毎月支払う家賃は給与の1/3以内が一般的ですが、余裕を持たせて給与の1/4程度に設定して不動産屋へ向かうと良いでしょう。家賃上限金額を指定して賃貸物件を探してもらうと、その不動産屋の方針が分かります。予算内で全て探してくれたら良心的ですが、1つでも当然のように予算上限を上回る物件情報を提示してきたら、仲介手数料狙いの悪徳不動産屋の疑いを持つでしょう。不動産屋が受け取れる報酬は仲介手数料の最大1ヶ月分以内ですから、1円でも高い場合には不動産屋の利益となります。避ける方法としては、予算上限より1円でも高い物件は、礼金ゼロ、仲介手数料ゼロにして下さいと依頼すれば引き下がります。

消毒料など不要なサービスを付けようとしないか

不動産屋同士のネットワークが導入されているので、全国の物件を専用ネットワークから探して入居希望者へ提示出来る仕組みがあります。賃貸物件を借りる際に全く不要な消毒料、抗菌施工費用などを請求する不動産屋では契約をしてはいけません。他の不動産屋で契約すれば不要となる費用だからです。火災保険は2年間のものに加入すれば良く指定されるものではありませんし、鍵交換費用は実費請求のために入居希望者が業者選択から行えます。指定される場合には業者との癒着があるので要注意です。シンプルな契約を受け入れてくれる不動産屋が理想的な店舗です。

江別市の賃貸マンションは、安全性が抜群に良い賃貸マンションとなっているので子供がいるご家庭でも安心です。

引越すときは、賃貸契約書の解約予告期間前に家主に伝える

大事なのは契約期間ではない

賃貸契約を結ぶ際には、解約予告期間を必ず決めます。法律で義務付けられているからで、期間は法律の上限である3か月以内で、家主が自由に決めます。学生専用の賃貸物件のように、年度途中での入れ替わりがまず望めない場合は、3か月となっていることがほとんどですが、一般的にはひと月であることが多いです。ひと月前に、家主に引越すことを伝えておけば、居住期間分の家賃を支払うだけで済みます。契約期間が賃貸契約書に記されていることもありますが、これはあまり意味がありません。

解約予告期間を過ぎたら

解約予告期間を過ぎてから、家主に引越すことを伝えた場合は、すぐ引っ越して行ったとしても、家主に伝えた日から解約予告期間分の家賃を支払うことになります。引越しに当たって気にするべきは、解約予告期間だけですね。契約期間は関係ありません。契約期間に関わらず、借り手はいつでも引越しできますし、貸し手は正当な理由があれば、契約期間内であっても借り手に退去を要求できます。契約期間は契約更新料がかかる場合、その時期の目安になるという程度の意味しかないと言えます。

解約予告期間は借り手を守るためにある

解約予告期間が法律で決められているのは、借り手を保護するためです。学生用の賃貸物件などの場合、3月4月しか人の入れ替わりは期待できないので、5月に引越して行かれたりしたら貸し手は大損です。1年分の家賃を請求したくもなるでしょう。法律がなかったら、賃貸契約の際に、年度途中の引っ越しには1年分の家賃請求を記載するかもしれません。しかし、法律で上限は3か月と決まっているため、5月に引越して行かれても、請求できるのは3か月分の家賃のみです。

帯広市の賃貸マンションは、防犯セキュリティが充実していたり、地震に強い設計がされてあったりと安全に暮らせる魅力があります。

プライバーや防犯対策は万全?賃貸住宅を選ぶ時!

安全に暮らせる住居!

毎日のように流れているのが犯罪のニュース。残念ながら安心して暮らせる時代ではありません。防犯アイテムやグッズなどの売れ行きが良いというのも、皮肉なものです。安心して暮らすためには、まずは安全な住居を持たなければなりません。賃貸住宅を選ぶ際には間取りも大切ですが、犯罪抑止や犯罪防止に力を入れた物件を選ぶというのも大事なことではないでしょうか。そういうわけで今回は、安全に暮らすことができる賃貸住宅とはどんな物件か見ていきたいと思います。

防犯対策が売りの賃貸住宅!

オートロック機能だけでなく、エントランスに管理人を置いている賃貸物件も増えています。防犯カメラを設置するだけで犯罪抑止効果があると言われていますし、犯罪が起こりやすい現代社会の環境で賃貸に住む上では、それなりの対策が必要だと言えます。女性の一人暮らしには、防犯対策が強化された物件をお薦めします。二重ロックできる窓やテレビモニター付きのインターホンなどが設置されている賃貸物件は、安全面、防犯面ともにお薦めと言えるでしょう。

プライバーの侵害を避ける!

賃貸住宅に限りませんが、住宅で生活する上でプライバシーを守ることはとても重要なことです。郵便受けからハガキや手紙、重要な書類や明細書などが盗まれてしまうこともよくあることです。あってはいけないことが起きてしまう現代の社会を情けなく思いつつ、犯罪防止を最優先に考えなければいけないのが事実でしょう。住む家のベランダやラウンジが犯罪者の侵入経路とならないように、管理会社だけに頼るのではなく、個人で行う防犯も徹底するべきです。

函館市の賃貸マンションは、住む人たちが快適に暮らせるように安全性を重視している賃貸マンションになっています。

賃貸マンションを選ぶときはここに気をつけよう

無理は禁物!収入に合った家賃とは?

就職や進学で憧れの一人暮らし!という方は多くいらっしゃるでしょう。しかし賃貸マンションを選ぶときにはまず家賃が気になります。目安は手取り収入の三割と言われています。もちろん築年数が浅く、設備の整った部屋を選びたいですが、素敵な物件は家賃が高い!そこで妥協ができるポイントを自分の中で整理しておきましょう。例えば築年数が古いマンションの中にはしっかりした建物なのに家賃が安い、という家もあります。また、最小限の家具と荷物で引っ越しをすれば狭い部屋でも案外快適に過ごせるものです。不動産屋さんに行くまでに、どんな生活をして、どこを重視するかを決めておきましょう。

部屋を下見するときはここを確認

不動産屋さんに行き、条件を伝えると、早速物件の見学に行くことになります。気持ちが昂り、どの部屋も素敵に見えがちですが、見学は一番重要です。部屋の採光や周辺環境も大事ですが、湿気が溜まりやすいかどうかが非常に大事なポイントです。部屋に入ったら窓ガラスが結露していないか、した形跡がないかをまず見ます。さらにトイレや流し台、押し入れなど湿気が溜まりやすい場所をチェックします。当然部屋のクリーニングがされていますので、一目見るときれいですが、隅の方やタイルの目地、細かなところに少しでもカビが見えたらアウトです。他にも入ったときの部屋のにおいも参考になります。部屋の短所は色々とありますが、湿気の害だけは避けなければいけません。家具は傷み、長く住むことで健康にも影響を及ぼします。

交渉と最後のチェックポイント

気に入った部屋が決まったら、家賃の交渉に入ります。ここで安くなるのは家賃だけではありません。敷金や仲介手数料も安くなる余地があります。一つの作戦として、すぐに別の業者に行って金額を説明し、これより安ければ契約する、という話をします。そうすると殆どの業者は下げた金額で契約させてくれます。他にも、契約書を作る前に、不可解な諸費用がかかっていないかや、現状復帰にかかる事項、マンションの独自ルールをチェックしましょう。例えば、夜は静かにしましょうと書かれている物件は高い確率で夜中に騒ぐ住民がいます。後悔しないお部屋探しには様々なポイントがあるのです。

帯広の賃貸は、デザイン性や利便性、快適性などに優れている物件が大変多く、こだわりの住まい探しができます。

不動産屋の立場はどちら寄り!?立ち位置で変わる印象に気を付けよう

借り手の立場寄りの不動産屋はどうなのか

賃貸物件を探す際には、インターネットを利用する機会が増えていますが、実際には掲載されていない物件に優良物件が多く含まれます。なぜなら、ネット非公開物件は目に触れる数が少ないにも関わらず入居者が一定割合で決まるからです。メリットだけでなくデメリットをしっかり伝えてくれる不動産屋に好感を抱く人も多いですが、内見の順番に気を付けてみると見方が変わります。中には一見すると借り手の立場に立っているような印象を与えるだけの不動産屋というケースがあるからです。問い合わせた物件のデメリットを教えて、次に見に行った独自に紹介する物件を褒める場合に注意しましょう。

大家側に近い不動産屋は大丈夫か

入居者募集依頼をするとすぐに入居者を決めてくれる不動産屋は、大家にとって良い不動産会社といえます。営業トークが上手い好印象を与える担当者がいる不動産屋は、入居者が希望する条件と合っていなくても納得して契約してしまうことがあるのです。しかし、実際に住み続ける入居からすれば、徐々に不満点が溜まり転居をするキッカケとなるでしょう。最終的に長期入居者が減るので、大家側に近い不動産会社は入居者と大家双方にとってあまり良い結果をもたらさないこともあるのです。

中立な客付業者を知って利用する

不動産業界には、あまり大家との付き合いを持たずに客付業者として専門的に動いてきている業者が登場しています。とりわけインターネットを利用した客付業者は、条件からの検索を行えるので指定した条件外の案内は行いません。よくある不動産屋で予算オーバーの物件ばかり紹介されるという嫌気をさしてしまうことは起きないわけです。賃貸物件探しはじっくり行おうとすると、徐々に面倒になりがちで不動産屋に対するイメージも良くないので、専門のエージェントを活用する方法が注目されています。

札幌の賃貸マンションは、周辺の環境が恵まれていることや、家賃が安価であるなど、大きなメリットが期待できます。

しっかり押さえて!マンションリフォームの費用に関するあれこれ

自宅マンションをリフォームする場合

長年自宅として利用したり、中古マンションを購入した際、賃貸に出していたマンションに空きが出た場合など、様々な場面でマンションリフォームを検討することがあります。その際支払う費用などについて、次のようなポイントを押さえておくとよいでしょう。まず自宅マンションをリフォームする場合、一括見積もりサイトなどを活用することで安価な業者に依頼することが可能となります。また自身でリフォームを行うことで、総合的な支払額を抑えることも可能です。

中古マンションを購入し、リフォームする場合

新たに中古マンションを購入しリフォームを行う場合、一定の条件を満たして借入をすることで、住宅借入金等特別控除を受けることができます。この条件は様々で、住宅が建築されてから取得の日までが一定の期間内であるという点や耐震基準に適合しているかという点、更には自身の合計所得や床面積といった様々な方面からの条件を満たす必要があります。ただし控除の額は年末借入金残高の1%という非常に大きなものとなるため、一度検討するのも一つの手です。

賃貸物件をリフォームする場合

賃貸物件をリフォームする場合、条件などによっては一括で経費として計上できないことがあります。その理由として部屋の間取りを変えたり、和室から洋室へ変える場合などは、原状回復工事とみなされず、資本的支出として減価償却の対象となってしまうためです。ただし裏を返せば原状回復工事であれば修繕費として一括で経費計上することも可能なため、どこまで修理を行うのか、今回行う工事は資本的支出にならないかなどをしっかり確認しておくことをお勧めします。

マンションリフォームに対する関心が高まっています。まずは工務店を比較したり、見積書の提出を依頼したりして、じっくり選択しましょう。

1人暮らしの賃貸選びの注意点1・2・3!

バストイレのこだわりを要確認!

人によっては、お風呂とトイレは別れていることが必須条件である人もいるかもしれません。実際はお風呂とトイレが分かれている物件は賃貸料金も割高になってしまいます。また、デザイナーズマンションは一風変わったつくりをしており、インターネットや資料上では、「バストイレ別」と記載されていても、カーテンやガラス張りでの仕切りのみだったりする場合もあります。必ず物件を目で見て、自分の条件に合っているのか見極めるようにしましょう。

都市ガスかプロパンガスか要確認!

ガス料金は、生活費の出費に大きく関わります。一般的にプロパンガスは、都市ガスの4倍ほどの金額がします。たとえ自炊をしない生活スタイルであったとしても、お風呂、シャワー、洗面台の利用でお湯を沸かすことはありますので、甘く見ない方がよいでしょう。しかし、これは物件によって決まっている事項ではなく、地域によって決められていますので、物件の情報に加えて、地域の情報もあわせて確認をすることをオススメします。

コンセントの個数と場所を要確認!

一度生活を始めて行くと、とても気になるポイントです。古い物件だと、コンセントの数が極端に少ないですの、タコ足配線でやっていけるのか、しっかりシュミレーションをした方がよいでしょう。その際、コンセントの場所とそこにどのように物を配置するのかも合わせてシュミレーションをすることをオススメします。この点は、生活をしていくと、意外と大きなストレスになる点ですので、神経質になるほど検討をしてもよい項目だと思います。

旭川市の賃貸マンションは、地震に強い賃貸マンションになっていて、頑丈な造りにあるように鉄筋コンクリートでできている賃貸マンションです。